2016/03/31

平成27年度花みどりの景観づくり講演会を開催いたしました。

3月26日、宮崎市民プラザ 4F ギャラリーにて、平成27年度花みどりの景観づくり講演会を開催いたしました。この講演会では、国立シンガポール植物園 園長のナイジェル・テイラー氏をお招きし「”Singapore’s City-in-a-Garden vision”~シンガポールの緑化政策について~」の講話を頂きました。

 新規25

また、昨年にはみやざき公園協会が指定管理者として管理している、宮交ボタニックガーデン青島(県立青島亜熱帯植物園)とシンガポールにある国立シンガポール植物園が姉妹園を締結して50周年を迎え、それを記念して当協会の吉田より「青島亜熱帯植物園とシンガポール植物園の交流」について講話をさせて頂きました。

最後の質疑応答では、参加された方がそれぞれの思いや考えを質問し、テイラー園長からは、シンガポールの具体的な例をもとに内容の濃いアドバイスを受けることができました。

新規24  新規26

宮崎県の景観づくりにおいては、昭和44年に日本初となる景観づくりに関する条例「沿道修景美化条例」が制定されるなど、全国にも先駆けて沿道における景観美の育成に努めてきた背景があります。宮崎県は全国の自治体の中でも、いち早く、地域性を基調とした景観づくりの具体的な取り組みを行ってきた先進県と言えます。

宮崎県景観整備機構として、今回の園長のご講演・アドバイスをもとに「宮崎ならでは」の‘宮崎らしい’景観づくりについて、これからも皆様と一緒に考えていきたいと思います。

一覧へ戻る

ナーセリー事業