石碑のご紹介

古くから景勝地として名高い青島は、古来より多くの人々によって、詩や歌にうたわれています。そして若山牧水をはじめ多くの文人が訪れ、歌碑も残されています。

この宮交ボタニックガーデン青島にも、文学碑が建立されています。

長塚 節(ながつか たかし)

明治12年~大正4年。歌人、小説家。茨城県岡田郡国生村(現 常総市国生)の豪農の長男として生まれる。

3歳の頃に小倉百人一首をそらんじ、神童と言われ、早くからその才能を発揮していた。

21才で正岡子規の門をたたき、伊藤左千夫らと「アララギ」を創刊。一方で病気療養を兼ね、すげがさ、わらじという軽装で諸国を旅し、旧所、名跡を訪ねて歌を詠んだ。

喉頭結核を発症し、旅をしながら九州大学付属病院で満35才の短い生涯を閉じる。

宮交ボタニックガーデン青島内
「とこしへに慰もる人もあらなくに枕に潮のをらぶ夜は憂し」
(大正3年9月13日)
橘公園内
「朝まだきすずしくわたる橋の上に霧島ひくく沈みたり見ゆ」
(大正3年8月27日)
野尻町ゆうぱるの丘
「霧島は馬の蹄にたててゆく埃のなかに遠ぞきにけり」
(大正3年8月18日)

金子 兜太(かねこ とうた)

大正8年、埼玉県に生まれる。秩父郡皆野町に育つ。

茨城県旧制水戸高校在学中に俳句を始め、復員後日銀に勤めていた昭和37年に同人誌「海程」を創刊。現代俳句協会名誉会長。

句碑は金子さんと親交のあった故山下淳さんの夫人の呼びかけで、宮崎俳句研究会、海程宮崎支部などが賛同して建立。宮崎市芸術文化連盟などが協賛した。

宮交ボタニックガーデン青島内
「ここ青島鯨吹く潮われに及ぶ」
(平成17年7月10日 85歳)