公園について

阿波岐原森林公園について

宮崎市街地の東部・日向灘に面する一ツ葉海岸に位置し、その大部分を国・県有の一ツ葉海岸松林でおおわれています。

風光明媚な白砂青松の地として有名で、公園は海沿いに南北に長く、県管理のパークウェイは全長4.2㎞におよびます。パークウェイ沿い や松林内に遊歩道も整備され、サイクリングや散策などを楽しむことができます。 阿波岐原森林公園は「宮崎・日南海岸リゾート構想」における「国際海浜コンベンションリゾート」の拠点で、宮崎を代表する観光、運動、レクリエーション施設が整備されています。

公園の周囲には国生み神話で知られる江田神社、さらにはイザナキが「みそぎ」をしたと伝えられる御池(みそぎ池)など、神話にまつわる場所が多く存在しています。

いろいろなリゾート施設を結ぶ4.2kmの道がパークウェイですが、この道が公園であることはあまり知られていません。「観光みやざきの玄関口」として、訪れた方に 宮崎人の「おもてなし」の心をコンセプトに、四季折々美しい草花で彩られています。

公園の概要

所在地 宮崎市新別府町、山崎町及び阿波岐原町
開設 昭和61年4月1日
都市計画公園区域 390.9 ha
共用開始区域 15.1 ha
主な施設(周辺施設を含む) パークウェイ、遊歩道、新別府公園、シーガイア施設、市民の森、フローランテ宮崎、フェニックスカントリークラブ、 国際海浜エントランスプラザ、みやざき臨海公園(サンマリーナ、サンビーチ一ツ葉)、宮崎市フェニックス自然動物園、

公園の歩み

1956年
昭和32年2月4日
「阿波岐原森林公園」を広域公園に決定
1971年
昭和46年3月25日
「フェニックス自然動物園」開園
1986年
昭和61年4月1日
「阿波岐原森林公園」開設
1988年
昭和63年7月9日
「阿波岐原森林公園」我が国第一号のリゾート指定
1993年
平成5年
「宮崎市国際海浜エントランスプラザ」供用開始
1994年
平成6年10月
「阿波岐原森林公園(パークウェイ・遊歩道)」グランドオープン
「シーガイア」グランドオープン
1999年
平成11年3月27日
グリーン博みやざき’99 開催(~5月30日)
2000年
平成11年4月29日
「フローランテ宮崎」開園
2001年
平成13年7月7日
「宮崎県みやざき臨海公園」オープン

お問い合わせ先

宮崎県宮崎土木事務所
(0985) 26-7285
フェニックスリゾート株式会社
(0985) 21-1194
市民の森(市民の森管理事務所)
(0985) 39-7308
フローランテ宮崎
(0985) 23-1510
宮崎市フェニックス自然動物園管理
(0985) 39-1306