干潟の種類

干潟(ひがた)は、川が海に流れ出るところに出来ます。とくに湾(わん)の奥のほうに大きな干潟ができます。干潟は、潮の満ち干によって水面上にあらわれたり、水面下につかる部分がある特殊な環境で、海水の汚れをとるカニなどが多く、海をきれいにたもつために、なくてはならない場所です。

しかし、最近では埋め立てによって多くの干潟が少なくなってしまいました。宮崎市の近くでは、塩見川河口干潟(日向市)、富田浜入り江(新富町)一ツ瀬川河口(新富町)、大淀川河口近くの一ツ葉入り江(宮崎市)、加江田川河口干潟(宮崎市)、細田川(日南市)、福島川河口(串間市)などがあります。

干潟は川が運んできた栄養が多く含まれる泥が多いので、アサリなどのほかにもたくさんの底生動物がくらしています。また、それらの生き物をエサにしている野鳥なども多く見られる貴重な空間です。

さまざまな干潟