2014/11/08

[景観啓発事業]秋の景観交流バスツアーを開催しました!

11/1(土)秋の景観交流バスツアーを開催しました!

昨年に引き続き、今年もバスに乗って各地を回り、参加者の皆さまと宮崎の景観について意見交換を行いました。

今年のバスツアーは、市民の森から出発し、パークウェイ、一ツ葉有料道路、国道220号線を通り、堀切峠、道の駅フェニックスで休憩、最後は英国式庭園というルートを周りました。

当日は、朝から雨が降り続き、集合時間になっても雨は止まず…。
そんな天気にもかかわらず、31名もの方がお越し下さいました。

バス内写真

最初は、4人のスタッフの自己紹介を簡単に、パークウェイを走ります。
ここでは、パークウェイに植えられている植物を一つずつ紹介していきました。

次は一つ葉有料道路から国道220号線では宮崎の沿道修景のお話をさせて頂きました。

あいにくの雨でしたが、晴れていたらワシントニアパームと広い青空が作り出す爽快な景色が楽しめたことでしょう。

晴れた220号線

余談ですが、日頃大勢の方の前でお話する機会があまりないので緊張ぎみのスタッフ…。
表情が硬いですね(笑)

スタッフの写真

参加者の皆さまの温かいご支援のもと、青島の亜熱帯植物園に着く頃には、ようやく緊張がほどけてきました。
そして、さらに嬉しいことに掘切峠が見えてきた頃には
晴れ間が!これも日頃の行いが良いせいでしょうか?

堀切峠晴れた写真

道の駅フェニックスで、ちょっと休憩をして、ここからUターン。
最後のポイント、英国式庭園に向かいます。

その道中では、サンゴシトウとデイゴの見分け方についてご説明しました。
赤い花が咲く木ということで、よく似ていますが、実は、花も幹も葉も全く違うのです。
一つだけ例をあげますと、デイゴの花は赤一色に対してサンゴシトウの花は赤と黒のツートンカラーになっています。機会があればぜひ確かめてみて下さい。

サンゴシトウデイゴ写真

そのあとは、参加者の皆さまに、宮崎の景観に対して思うこと等を発表して頂きました。
県外から移住されてきた方は
「県庁の花壇の花が綺麗ですね」「宮崎は、道に花がたくさん植えられていて感動しました。」
などなど、その他たくさんのご意見に我々スタッフも良い刺激を受けました。

英国式庭園では、所長によるイングリッシュガーデンのガイドツアーを行いました。
草花の写真を撮影したり、所長に、熱心に質問をしたり…。
皆様、思い思いに過ごされていました。

ガイドツアーの後は、美味しい紅茶と美しいお庭で、ゆったりとした時間をお過ごし頂けたかと思います。

ガイドツアー写真 お茶会写真

普段、宮崎県の花みどりの景観づくりに勤しんでいる私たちですが、
このように県民の皆様の生の声を聞く機会を頂けたことに心から感謝しております。
多数の方にご参加頂きまして、本当にありがとうございました。

企画設計室
中村愛子

主催/ 一般財団法人 みやざき公園協会 共催/宮崎県

一覧へ戻る

ナーセリー事業