2016/11/21

[景観啓発事業] 秋の景観交流バスツアーを開催しました!

11/19(土) 秋の景観交流ツアーを開催しました! 2014年以来の開催となるバスツアーですが、今年も参加者の皆様に宮崎の景観について学んでいただきました。

今年のバスツアーは、宮崎県庁を出発し、宮崎ブーゲンビリア空港、国道220号線、宮交ボタニックガーデン青島というルートを周りました。

開催当日ですが、集合時間に近づくにつれ心配していた雨が降る中、20名の方にお越しいただきました。

バスが県庁を出発すると、まず初めに沿道修景の区画と取り組みについてお話させていただきました。

景観1 景観10

そしてバスが、宮崎ブーゲンビリア空港に着く頃、止まないかもしれないと心配していた雨も止み、青空が雲の隙間から見えてきました。

到着した、宮崎ブーゲンビリア空港では、「第26回全国花のまちづくりコンクール」で国土交通大臣賞を受賞したこれまでの経緯を宮崎空港ビル株式会社の永山常務と内山様にお話していただきました。

景観2 景観5

また、空港内を案内していただき、展望デッキでは全員で写真撮影も行いました。

景観4 IMG_3528

宮崎ブーゲンビリア空港での見学が終わると、次に宮交ボタニックガーデン青島に向かいました。

つい先日まで、大温室が閉館していたこともあり、参加者の皆さんはガイドの説明に興味津々でした。

景観6 景観7

ガイドの説明後、参加者の皆さんが待ちわびていた寄せ植え教室を行いました。 皆さん説明を聞きながら、慎重に取り組んでいました。

景観8 景観9

バスツアーの帰り道、参加者の皆さん、今回のツアーを通して感じたことを思い思いお話しされていました。

普段宮崎県の花みどりの景観づくりに努めている中で、このように県民の皆様のお声を聞く機会をいただけたことに心から感謝しております。

また、多数の方にご参加いただきまして、本当にありがとうございました。

 

 

主催/宮崎県 共催/一般財団法人みやざき公園協会

一覧へ戻る

ナーセリー事業