2020/07/06

[景観啓発事業]花いっぱいプロジェクト2020    ~ジャカランダとイペーの育成モニター募集~

宮崎のシンボルとなる植物で景観づくり、都市と豊かな自然と人々の生活が調和した、心地よいまちづくり

宮崎の新たなシンボルツリーとして注目される熱帯花木のジャカランダとイペーは、青空によく似合い、育てやすい植物です。

宮崎の冬の寒さにどれほど耐えられるのか、様々な地域での栽培試験を必要としています。

今回、これらの試験樹木を栽培してくれる育成モニターを募集します。

R2.ジャカランダとイペー育成モニター募集(表)  R2.ジャカランダとイペー育成モニター募集(裏)

 

※クリックで拡大します。(PDFはこちらをクリックしてください)


◆募集概要◆

【試験樹木】
 ・ジャカランダ
 ・玉咲きキバナイペー

【育成モニターについて】
 ・試験樹木を地植えで栽培し、約2年間生育状況を写真で提出してください。
 ・モニター期間:2020年8月下旬~2022年6月頃

【応募条件】
 以下の3つの条件をいずれも満たす宮崎県にお住まいの方

 1.試験樹木を地植えできる土地を県内にお持ちの方

 2.定期的な生育状況写真を撮影し、アンケートを提出していただける方

 3.試験樹木の受け渡しをもって所有権は応募者となることを了承いただける方

【モニター応募締め切り】
 2020年8月14日(金)必着
 ※応募者多数の場合は、栽培地域のバランスを調整したうえで抽選とします。
 ※当選者のみに連絡します。(落選の連絡は致しません)

【事業について】
 この事業は、宮崎県より「宮崎県景観形成促進機構」の指定を受けた一般財団法人みやざき公園協会が、
 「民間活力を生かした景観啓発事業」として実施するものです。

【応募先・問合せ】
 一般財団法人 みやざき公園協会 企画設計部 担当:隅田
 〒880-0014  宮崎市鶴島2-10-25
 TEL:0985-25-7410(月~金曜8:30~17:30) FAX:0985-25-7390 E-mail:park@mppf.or.jp

 

一覧へ戻る

ナーセリー事業