日向景修園

日向景修園全体図

風土記の丘

入口付近にある「風土記の丘」は特別史跡公園西都原古墳群の代表的な古墳、「鬼の窟」「円墳」「前方後円墳」の3基を実物の3分の1に縮小し模して造っています。

鬼の窟

西都原古墳群では横穴式石室を有する唯一の古墳を3分の1に縮小し模したものです。

賽の河原

宮崎県有数の観光地であるえびの高原にある「賽の河原」と呼ばれる硫黄の噴気抗を模して造られています。

円墳

西都原古墳群にある「円墳」を実物の3分の1に縮小し模して造っています。

前方後円墳

西都原古墳群にある「前方後円墳」を実物の3分の1に縮小し模して造っています。

真名井の滝

中ノ島の正面に位置する滝は、神話のふるさと高千穂にある「真名井の滝」を模しています。

亀島

池の北側には亀の形をした亀島を見ることができます。

中ノ島

約3,000㎡の池の東側に位置する中ノ島は、庭園を見渡すことのできる休憩所が設けられています。

七ツ八重

日南海岸の景勝地として知られる「七ツ八重」の奇岩を表現した岩組です。

茶室

園内の東側、菖蒲園中央には庭園の点景となる茶室があります。お茶会やお花見等が開催されています。

しょうぶ園

園内の東側には松林を背景として菖蒲園があり、約8,000株の菖蒲が植えられています。この菖蒲の間を縫って細流が走り、菖蒲園の中央には庭園の点景となる茶室があります。

この一帯は、閑静なたたずまいを見せ、園内でも特に落ち着きのある場所となっています。